スーナバイオショット 紫外線

紫外線の悪い影響を減らすことができれば、スーナバイオショットももっと活きてくる

スーナバイオショットと紫外線

 

白髪の原因の一つに紫外線があります。
スーナバイオショットを使って白髪ケアをするのも大事だけど、普段から紫外線から髪を守るのはもっと大切なんです。

 

紫外線はどれだけ髪の毛に悪影響を及ぼしているか?
知れば知るほど怖くなると思います。

 

 

スーナバイオショットのSUNAスカルプエッセンスで、白髪や薄毛をケアします。

でも、その前に紫外線に対する正しい知識を持って髪の毛を守りましょう!!

 

 

 

白髪を増やす紫外線の悪影響よね

夏で怖いのは熱中症と紫外線です。

 

熱中症対策は、こまめに水分と塩分を補給します。
特に長時間のスポーツなどで糖分を失った場合は、砂糖も一緒に摂ると、水分や塩分の吸収が良くなるし、疲労回復にもつながるので一石二鳥です。
スポーツドリンクが便利ですよね。

 

紫外線対策は、帽子を被るなど髪の毛や頭皮を守って直接日光を浴びないようにしましょう。

 

 

紫外線の髪への影響

では、紫外線はどういった悪さを起こすのでしょうか?
紫外線の中でもっとも髪に影響するのが紫外線B派です。

 

紫外線B派は髪に当たると、メラニン色素が分解されて髪の毛が変色したり色が抜けたりすることがあります。
カラーリングしている人は褐色しやすくなるので要注意です。

 

 

紫外線の頭皮への影響

 

紫外線は頭皮にも悪い影響を及ぼします。
髪の毛を作る毛細細胞にまで悪さするので、結果的に抜け毛や白髪、薄毛になる原因となります。

 

頭皮は土台なので、悪影響は計り知れないです。
データによると、紫外線で頭皮に赤みが出る人ほど毛量が少ないです。

 

紫外線を浴びたことにより引き起こされる「光老化」という現象で以下の不具合が発生します。

  • 髪の毛の内部の栄養が抜ける。
  • メラニンが分解されるので、活性酸素が発生してとても弱い髪になる。場合によっては切れ毛や枝毛、抜け毛になることも。

 

 

頭皮は、何もしないと顔の2倍以上紫外線を浴びるので、直射日光は絶対に避けてください。


 

 

 

スーナバイオショットは、活性酸素と白髪をダブルケアします

活性酸素対策

SUNAスカルプエッセンスプレミアムの主要成分であるタラタンニンはポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは、カテキンやタンニンと同じで抗酸化作用が高い成分として有名です。

 

タラタンニンは、なんとアスコルビン酸(ビタミンC)の16倍、紅茶の72倍、コーヒーの207倍、ココアや大豆の3千倍以上の抗酸化力があることが確認できています。

 

 

白髪対策

有効成分のジカフェオイルキナ酸やタラタンニンは白髪をケアします。
毛髪を黒くするのはメラニン色素ですが、これらの成分はメラニンの生産を促します(筑波大学と共同。国際特許出願済み)。

 

スーナバイオショットのスカルプエッセンスで初めてタラタンニンを使用しているので、他では体験できなかった効果が期待できますよ。

 

 

 

まとめ

今回は、紫外線が髪の毛に与える悪影響について、書きました。
いかがだったでしょうか?

 

 

特に紫外線が降り注ぐ時期は、お肌や髪の毛の紫外線対策をきちんとやりましょう。


SUNAスカルプエッセンスでもケアすることが大事です。

 

スーナバイオショットの口コミはこちらへ