白髪 改善 食事

白髪改善の食事をすることで悩み解消する!スーナバイオショットに併用すると効果的

白髪改善食事

 

 

白髪を完全する食事って何があるのか知りたいです。
本気で白髪を減らそうと思ったら、スーナバイオショットだけでは不十分だと思っていので、積極的に白髪を減らしたいです。


 

こんな方の疑問に答えます。

 

白髪を改善する方法って色々あります。

  • 老化
  • 血行不良
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 遺伝
  • 食事

 

 

 

今回は、白髪の原因の1つである「食事」を中心に白髪対策を考えていきましょう。

黒髪に必要な栄養素が不足していたら、どんなに効果的な白髪ケアをしたところで、白髪は無くならないからです。

 

もちろんスーナバイトショットを併用することで、より効果が期待できます。

 

 

 

 

白髪を改善&予防する食事は何ですか?

基本はバランスの良い食事です。
良質のたんぱく質、炭水化物、脂質をバランス良く摂った上で、以下の栄養素が含まれている食事を積極的に摂るようにすれば良いでしょう。

 

白髪は、メラノサイトという色素細胞でメラニン色素がしっかり作られなくなったときに生えます。
つまりメラニン色素を作る食事をすれば良いのです。

 

では、メラニン色素を作るにはどんな栄養素が必要でしょうか?
  • まず、メラノサイトの働きを良くする栄養素が必要です。
  • 次に、チロシナーゼを合成したり活発にする栄養素も必要です。メラニン色素を作るときにはチロシナーゼという酵素が活躍するからです。
  • 最後に、メラニン色素の原料のチロシン(4-ヒドロキシフェニルアラニン)というアミノ酸を含んでいる食べ物も大事です。

 

メラノサイト、チロシナーゼの働きを良くする栄養素と、チロシンを含んでいる栄養素を摂取すれば、白髪改善効果が期待できます。

 

ちなみにスーナバイトショットの主成分であるタラタンニンはメラニン産生と輸送を促します。

 

 

メラノサイトの働きを良くする食事・食品

主にヨードやカルシウムという栄養素を含む食品ですね。

ヨード わかめ、昆布、ひじき、海苔など
カルシウム 牛乳、小魚、海藻類、大豆、ゴマ、大根、小松菜など

 

 

 

チロシナーゼを合成したり活発にする食事・食品

銅を含む食品ですね。
メラニン色素を作るチロシナーゼ(酵素)は銅イオンを結びつくことで効果を発揮すると言われています。銅が不足すると、チロシナーゼが活発にならないので、白髪の原因となります。

チロシナーゼ 納豆、大豆、きな粉、カニ、エビ、ごぼう、ニンニク、貝類、ココア

 

 

メラニン色素の原料となる食事・食品

チロシンを含んだ食品ですね。
チロシンが不足すると、髪に色素が入らないので白髪になっていきます。

チロシン チーズ(ナチュアルチーズやプロセスチーズ)、かつおやまぐろ、大豆、鶏肉、鶏卵、ナッツ類(落花生やアーモンドなど)、玄米、白米

 

 

 

白髪を間接的に改善する食事

 

白髪を改善するには、メラニン色素を作る栄養素だけでなく、健康な髪を作る栄養素も必要です。
タンパク質、亜鉛、ビタミンBとEを積極的に摂取すれば、健康で丈夫な髪に近づきます。

 

タンパク質は、髪の主成分ですね。健康な髪を手に入れるためにも良質なタンパク質を手に入れるようにしましょう。植物性と動物性をバランスよく摂ることが大事です。

 

亜鉛は、体内に約2000mg存在し、主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓などにある成分。生命の維持や細胞の正常な分化と深く関わっていて、タンパク質の合成に関係する酵素の材料として使われています。亜鉛は、クエン酸やビタミンと一緒に摂取すると、吸収されやすくなります。

 

ビタミンBは、タンパク質代謝に大きく関係しています。またビタミンEは血行を促進し、髪に栄養分を届けます。

 

タンパク質 牛乳、チーズ、肉類、魚介類、卵、豆腐、納豆、豆乳など
亜鉛 牡蠣、ワカメなどの海藻類、レバー、赤身肉、ナッツ、大豆、ごま、ほうれん草など
ビタミンB群 レバー、豚肉、マグロ、大豆、ナッツ類、キノコ類 など
ビタミンE 玄米、白米、さつまいも、じゃがいも、ナッツ類、枝豆、人参、トマト、ニラ、サフラワー油、コーン油など

 

 

 

まとめ

白髪を改善したり予防する食事や食品を紹介しました。
黒髪を作る食事を知るだけでも効果があると思います。

 

「白髪を無くしたい」という気持ちがあれば、自然に食べ物も気を使うようになります。